ポケモン道を極める!

ポケモンや漫画、特撮などの感想、プライズについて語ります

【ポケモンUSUM】シーズン7 初レート1800超え構築

 

今回は第7世代からレーティングバトルを始めた僕が初めて目標としていたレート1800越えを果たした構築について紹介します。通常ポケモンの構築記事はレート2000から書くものですが、自身の記録と、また少しでも初心者の方に参考となればと思い構築記事を書かせてもらいます。

 

パーティはカプ・コケコ、ゲッコウガ、ヌメルゴン、ランドロス、ナマコブシ、バンギラスです。では1体ずつ紹介していきます。

 

カプ・コケコ

f:id:teruteruterunp:20180709035535p:plain

 

性格:いじっぱり

努力値:ASぶっぱ あまりH

持ち物:デンキZ

特性:エレキメイカー

技:とんぼがえり、ワイルドボルト、ブレイブバード、でんこうせっか

 

初めて厳選した準伝説ポケモン。当時の僕は対戦環境など全く考慮しておらず、種族値だけ見て物理型と決めつけていました。しかも素早さ種族値130を活かせないいじっぱり…。ですが、今ではこのコケコは非常に気に行っています。

準速でも大抵のポケモンを抜けます。環境にいるポケモンで抜けないはゲッコウガ、ボーマンダ、アーゴヨンあたりです。元々この辺のポケモンはコケコは絶対有利でもないので割り切っています。

物理型のメリットとしてはなんといっても特殊には出せない超火力!デンキZで飛ばせないポケモンはそれこそポリゴン2などの耐久お化けくらいで、等倍ならほとんどのポケモンを一撃で倒せます。素のワイルドボルトも耐久に振ってないミミッキュを一撃で倒せるほどです。また、特殊型だと辛い草タイプのポケモンにもブレバで打点を持つことができます。とんぼがえりでボルチェン読みで出てくる地面タイプに透かされないのも良し。更に物理型でも珍しいでんこうせっか採用。タスキ前提で舞ってくるポケモンに有効な点が良いです。意表も付けるし痒いところに手が届きます。

 

デメリットはやはり技範囲の狭さ。電気技を透かされるポケモンにはとことん何もできないです。しかし、相手のパーティに電気無効がいない場合は選出してまず腐ることがないです。ちなみにコケコはUSUMからアイアンヘッドを習得したのですが、マンムーくらいにしか使う機会がないので必要ないと思います。技構成を変えるとしたらでんこうせっかですかね。挑発や壁貼り、電磁波など、どの技を採用しても強いと思います。

 

ゲッコウガ

 

性格:おくびょう

努力値:CSぶっぱ あまりH

持ち物:アクZ

特性:へんげんじざい

技:ハイドロポンプ、あくのはどう、みがわり、れいとうビーム

 

レートにおいてギルガルドがあまりにも苦手すぎたので、ギルガルドを確実に倒すために採用。ガルドとの対面ではまずみがわりを張ります。変幻自在でノーマルタイプになることによってシャドーボール、どくどくを透かします。これで相手はかげうちも打てないのでアクZで一撃。仮にキンシされてもみがわりがあるので次にあくのはどうで倒せます。みがわりが無い場合、アクZをキンシで透かされたり、逆にゴーストZで一撃で倒されてしまいます。勝てる可能性を上げるためにもみがわりはあった方がいいです。

このゲッコウガは本当にギルガルドを倒すことしか考えてなかったので正直あんまり活躍しなかった…。

 

ヌメルゴン

 

性格:ひかえめ

努力値:HCぶっぱ あまりD

持ち物:とつげきチョッキ

特性:そうしょく

わざ:りゅうせいぐん、ヘドロばくだん、かえんほうしゃ、いわなだれ

 

ジャラランガがUSUMで超強化されたことによって真の最弱600族になってしまった哀れなポケモン。6世代の頃にたまたま野良交換で貰ったのが使い始めたきっかけだったのですが、可愛いし明確な強みがあるので僕は好きです。D150+チョッキによる圧倒的な特殊耐久と広い技範囲を活かして相手のポケモンに負担をかけていくパーティの流し役です。りゅうせいぐんは対ドラゴン(サザンやラティオスなど)や微妙に足りない火力を補うタイプ一致の最強技。ヘドばくはメインウエポンです。3割でどく状態にできるのでヘドロウェーブよりも使い勝手が良い。ほうしゃは対草やはがねの交換読みに。なだれは主にリザY、ガモスに。Aに下降補正かかってても基本確2です。

ヌメルゴンはレヒレやテテフ以外の特殊アタッカーにはまず出していって打ち負けることはないです。またそうしょくによってやどりぎやねむりごななどの害悪戦法が効かないのも強み。他にもじしんやれいとうビーム、きあいだまを覚えるので役割対象を考えながら技構成を変えていきましょう。

 

ランドロス

性格:ようき

努力値:ASぶっぱ あまりH

持ち物:こだわりスカーフ

特性:いかく

技:とんぼがえり、じしん、はたきおとす、ばかぢから

 

テンプレのスカーフランド。ばかぢからはなんとなく採用したのですが、バンギを一撃で倒せるのとポリ2やナットレイに打点を持てるのがそこそこ強かったです。僕のパーティはもともと電気無効がいなかったので採用したのですが、やはり厨ポケは強いですね。

 

ナマコブシ

性格:ずぶとい

努力値:HBぶっぱ あまりD

持ち物:たべのこし

特性:てんねん

技:まもる、じこさいせい、どくどく、みずびたし

 

アローラ最強のポケモン!だと僕は思っています。完全などくまも型ですが、特性てんねんによる積み技無効。弱点でも突かれない限りほとんどの物理アタッカーを止めることができます。また一部の特殊アタッカーも止めれます。対ゲッコウガ、ウルガモス、サザンドラなんかも結構な高確率で勝てます。Dもかなり高いのでガモスのギガドレインが半分入らないくらいです。しかしナマコブシは攻撃技を覚えないのでちょうはつや身代わりですぐに置物と化してまうのですが少々辛いところ。みずびたしは対はがねに使うことによって毒を入れることができます。また、マンダの特化すてみやリザXのげきりんが受けれないのでタイプ一致を無くして受けるためににも使います。

 

バンギラス

 

 性格:いじっぱり

努力値:ASぶっぱ あまりH

持ち物:バンギラスナイト

特性:すなおこし

技:りゅうのまい、じじん、アイアンヘッド、ストーンエッジ

 

僕のパーティは長らくメガ枠がいなかったのでとりあえず採用してみたのですが、ほぼ選出されることはなかったです。

 

 

基本選出と立ち回り

 

レート1700後半ではほぼコケコランド+ナマコの選出でした。コケコランドって有名な並びすぎて対策されまくってるんだろうなぁと勝手に毛嫌いしてたのですが、完成された並びがかに強いのか再認識しました。ナマコブシという何をしてくるのか分からないポケモン、意表の付ける物理コケコが上手くハマってくれました。ナマコブシは信頼が厚すぎるためにほぼ絶対選出です。

物理アタッカーにはナマコブシ、特殊アタッカーにはヌメルゴン、隙をついてコケコやランドで崩す立ち回りでした。今にして思えばかなりお粗末なプレイングでしたがインフレシーズンのおかげでなんとか1800に乗れました。

良かったら是非参考にしてみてください。

 

f:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plainf:id:teruteruterunp:20180709203539g:plain